競売とは?|一般社団法人みらい|東京都千代田区飯田橋|住宅ローン・不動産・相続の悩み無料相談

一般社団法人みらい
一般社団法人みらい
一般社団法人みらい

競売とは?

債権者が申立て、裁判所が行う

不動産の競売は、債権者からの申立てによって、裁判所が行う手続きです。
債権者に正当な権利があれば、債務者(物件の所有者)の同意を必要とするものでなく、決定として通知されます。

家の競売

目的は債務者が支払えなくなった債権を回収させるため

例えば住宅ローンの弁済ができなくなった債務者の不動産を差し押さえ、売却し、売却代金を債務の弁済に充てます。
債権者に適法な権利があり申立て手続きがなされれば、当然に行われる手続きなのです。

債権回収

公告され、期間を決めて入札される

物件の売却は通常、「期間入札」という方式で行われます。裁判所が期間を定めて入札を受け付け、期日がくると開札を行って落札者を決めます。
競売の情報は裁判所の閲覧室や新聞などで情報公開されます。不動産競売物件情報サイト『BIT』でも、誰でも「3点セット」という詳細情報を見ることができます。

公告

立ち退かなれれば強制退去も

不動産の引渡しが当事者間でスムーズに行われないときは、買受人が裁判所に申立て、裁判所は引渡命令を出すことができます。
引渡命令に従わずに占拠していると、最終的には強制執行により退去させられることもあります。

強制退去
お問合せフォーム

このページの先頭に戻る