住宅ローンが滞ったら?|一般社団法人みらい|東京都千代田区飯田橋|住宅ローン・不動産・相続の悩み無料相談

一般社団法人みらい
一般社団法人みらい
一般社団法人みらい

住宅ローンが滞ったら?

住宅ローン滞納

住宅ローンを滞納し、対処できないまま過ごしてしまうと、どうなるのでしょうか。
競売にまで至ってしまう場合、一般的に次のような流れで進行します。

督促・催告

住宅ローンを滞納してしまうと、まずは金融機関から督促や催告の連絡があります。

滞納

期限の利益の喪失

対処ができないままに、3ヶ月〜6ヶ月ほど経過してしまうと、次には「期限の利益の喪失」を通知されます。
「期限の利益」とは、借りたお金をスケジュールに沿って長期に渡って返してゆくことです。
この利益を失うとは、「ローン」という返済方法が認められなくなってしまうことです。

期限の利益喪失

代位弁済・債権者変更

金融機関は、ローンでの債権回収ができなくなると、保証会社に代位弁済を求めます。
代位弁済では、保証会社が債務者に代わって、ローンの残金を一括で支払います。
その結果、債権者は、元の金融機関ではなく、代位弁済をした保証会社に変わります。
この後、債務者に支払いを求めてくるのは、保証会社や、委託を受けた債権回収会社などになります。

代位弁済

競売の申立て

債務者が返済できなければ、債権者は裁判所に競売を申し立て、物件の売却による債権の回収をはかります。

競売申立て

競売の開始決定・差押え

裁判所が申立てが適法であると認めると、競売の開始決定がなされ、通知が送達されてきます。
この時点で担保物件は差押えられてしまい、所有者は自由に処分できなくなってしまいます。

差押え

現地調査・評価

裁判所の執行官が訪問するなど、法にのっとった手続きが進んでゆきます。
通常、数ヶ月の間に完了します。

調査と評価

期間入札通知・公告

準備が整うと、具体的な競売の日取りが決まり、通知がなされます。
また、入札の開始前には売却情報が広く公に提供されます。

公告と入札

入札・開札・所有権移転

いわゆる競売が、行われます。
最高落札者が代金の支払いなどを問題なく行うと、所有権は買受人のものになります。

競売ガベル

引渡し

新たな所有者は、購買代金の納入から6ヶ月の間に、裁判所に引渡命令申立てを行うことができます。
引渡命令に従わずに住み続けることは、元の所有者であっても「不法占拠」の状態です。
自ら立ち退かなければ、最終的には「強制執行」により、強制的に退去させられることもあります。

転居
お問合せフォーム

このページの先頭に戻る